転勤族にもオススメのライティング業

2019/01/13

本当は外で働きたいのですが、夫が数年おきに転勤があり転居を伴うので、結婚してから12年間専業主婦をしていました。

年々、働きたい意欲が湧いてきましたが、子供を預ける場所がないので、希望に合う仕事がなかなか見つかりませんでした。

そこで、以前から気になっていたクラウドソーシングで仕事をしてみようと思いました。

家で仕事が出来るので、土日・夏休みなどの長期休み・急な通院・学校行事などすべて子供に合わせて休めるところが魅力です。

夫に迷惑をかけることもないので、応援してくれています。私は、PTAの役員もしているので、平日昼間の活動や夜に会議があったりしますが、時間に融通が利くので助かります。

最初は、アンケート・経験談・感想などでコツコツ稼いでいたのですが、単価が低いのでお小遣いにもならないような状態でした。

そこで、初心者でもできるライティングを始めました。自分が過去に働いてた仕事に関する記事や、まったく関わりのない記事の作成もしています。

まだ、初めて3ヵ月ですが、ようやくお小遣い程度まで増えました。それが今、記事を書く時のモチベーションになっています。

ただし、記事にする時には、著作権の問題などがあり責任も伴います。自分の経験だけで記事を書く事は不可能で、ライティングの基本ですが必ず情報源となるWEB・文献・新聞などで確実な情報を得て書くようにしています。

知識がまったくない記事を書く場合は、何となく自分が興味を持った記事を選んで書くようにしています。

パソコンのタイピングが早くても、様々な情報からまとめるという作業に時間がかかるので、コツを掴むまでは少し大変かもしれません。

私もまだ初心者なので悪戦苦闘中ですが、知識がどんどん増えていくので報酬以上の価値はあると思っています。

これまでは、主婦として家にいて「私はこのままで良いのだろうか」と自問自答する時間が多かったのですが、今は仕事があると思うと家事なども効率良くできるようになり、お金の価値も再認識できました。

パソコンとインターネットさえあればどこでも仕事ができるので、転勤しながらでも長く続けていける仕事にようやく巡り逢えたと思っています。

年齢:30代 副業歴:3カ月100時間以上/月 報酬:3万円未満/月 満足度:★★★☆☆

アウトソーシングの詳細はコチラ

アウトソーシング、いわゆる外注作業で稼ぐ方法は様々で、一般的なサイト制作の他にも、ライティング、データ入力、アンケート回答など、スキルを必要としない作業もあります。以下のページで主婦に人気のアウトソーシングサイトをご紹介します。



-アウトソーシング