働き方改革でアウトソーシングのニーズ高まる!その魅力とは

アウトソーシングってどんなお仕事?

主婦に人気の在宅ワークとして、アウトソーシングという言葉を頻繁に耳にするようになりましたね。そもそもアウトソーシングとは英語で「outsourcing」と言い、アウトとは直訳すると外部、外のことを言います。

ソーシングとは調達という意味があり、アウトソーシングは簡単に言えば外からの調達、外部からの調達といった意味です。

英語が使われるとアウトソーシングはなんだか難しい仕事のように思うかも知れませんが、けっしてそんなことはありません。アウトソーシングは企業や事業所だけでは賄えない業務について、外部に発注することであり、もっとわかりやすく言えばSOHOワーカーの多くはアウトソーシングによって仕事を請けているのです。

アウトソーシングによる在宅ワークには、データ入力、データ収集、WEBライティングやWEB制作、イラストレーターなどパソコンを使った仕事が多いのですが、これ以外にもさまざまなジャンルがあります。

アウトソーシングの魅力

アウトソーシングの魅力について、仕事を発注する側にとっての魅力、メリットを挙げると人件費を大幅に削減できることです。企業や事業所の社員がいて、その人に仕事を振り分けるのではなく、メールやスカイプなどスマホやパソコンのコミュニケーションツールを用いて仕事の指示を出して、請け負う側のSOHOワーカーはとくに特定の場所に出向いて行く必要もなく、仮に打ち合わせを行う場合でも頻繁に来社する必要はありません。

アウトソーシングについて、仕事を請け負う側から見た魅力は、在宅で空いた時間にいつでも仕事ができること、煩わしい人間関係に縛られる必要もなく、自分の得意分野を仕事に活かせることです。

アウトソーシングの注意点

アウトソーシングでお仕事をする上で注意する点は、クライアントへの報告と連絡を怠らないという事です。

決められた納期や規則はしっかり守り、もし納期に間に合わない時は事前に報告と連絡を入れる事が重要です。

あなたの仕事が遅れる事でクライアントの業務全体が遅れてしまい、思わぬ損害を生むことがあります。

アウトソーシングはネット上でやり方を行う事が多いので、蔑ろにする方がいますが、案件によっては損害賠償請求をされることもありますので、しっかりと報告と連絡を心掛けましょう。

アウトソーシングのはじめ方

一言でアウトソーシングとは言っても、実にさまざまなジャンルがあります。「これからアウトソーシングで在宅ワークしたい」と思ったら、まずは自分ができること、自分の得意分野、資格、スキルについて確認しましょう。

たとえば、文章を書くのが好きな人ならWEBライティングの案件にSOHOサイトに応募するのも良いでしょう。イラストを描くのが好きな人ならイラストレーターの求人に応募すると良いでしょう。

アウトソーシングを始めるには、SOHO求人サイトに登録してまずはプロフィールを作成することです。ネット上には多数のアウトソーシング専門の求人サイトが公開されていますが、日本国内で最大規模を誇るクラウドワークスは会員数が圧倒的に多いようです。

SOHO求人サイトの登録料・利用料は基本的に無料なので、複数のサイトに登録しておくと、お仕事探しがよりスムーズになります。

アウトソーシングでの稼ぎ方

アウトソーシングで効率良く収入を得るには、自分の得意分野や専門とする分野を持つこと、そしてクライアントとの信頼関係を築くことです。

とはいっても、これまでアウトソーシングについて未経験者が、クライアントとの信頼関係を築くまでには時間がかかることもあります。

お互いに顔が見えない関係であるだけに、仕事を請け負ってから最初のうちは戸惑うこともあるかもしれません。

最初から報酬・単価の高い仕事を選んでガッツリ稼ごうと意気込む人もいますが、報酬が高い仕事は仕事の質の高さ、専門性の深さ、納品の速さなどが求められることもあります。

最初から背伸びをしないで、まずはできることから確実にこなしていくことをメインに考えて、最初にいただく仕事でクライアントからの信頼を得ることです。納品が終わってから2度めの仕事が来るようになれば、そのクライアントから信頼されている証拠です。

2度、3度と仕事をこなしているうちに、そのうち単価をアップしてもらえる可能性もあります。高品質でスピーディー、そして報告・連絡・相談をこまめにする人は、クライアントから信頼されるため、長いお付合いができるようになります。

リピーターで仕事をもらうことが、長い目で見れば効率良く稼ぐ秘訣となるのです。

まとめ

近年はアウトソーシングがより進化してきていて、とくに働き方改革という言葉をテレビのニュースで頻繁に耳にするようにもなりましたね。

日本国内の企業でも社員がわざわざ出社しなくても良いように、在宅で働くというワーキングスタイルを推奨する企業もこの先増えてくるのではないかと思われます。

今やメール、フェイスブック、チャットワークやスカイプなどの情報伝達手段も普及してきて、スムーズにコミュニケーションができるようになったので、仕事をするのにわざわざ会社まで出向いて行く必要もなくなりました。

アウトソーシングは、主婦の在宅ワークとして今後もますます人気が高くなっていくようです。アウトソーシングで在宅ワークをしたいと思ったら、クラウドワークスなど信頼性の高い求人サイトに登録して、自分に合ったお仕事探しをしてはいかがでしょうか。

主婦に人気のアウトソーシングサイト

知名度と利用者数は日本最大級!『クラウドワークス』

登録者数:80万人
最低支払い金額:1,000円
システム手数料:5~20%

利用者数は80万人を超える大人気サービス。スマホで出来るお仕事やアンケートに答えるだけのお仕事などが多く副業初心者でも安心♪
⇒サイト利用体験談はコチラ

に関する記事

自営業者にiDeCoのニーズが高まる理由と背景とは?

iDeCoについて、なんとなく知っている人もいればすでに加入済みの人、イデコという言葉すら知らない人もいます。 サラリーマンと自営業者について比較すると、iDeCoの加入者は自営業者の方が多いとも言わ ...

iDeCo(個人型確定拠出年金)の3種類の受取り方法とは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)を受け取る方法には、大きく3種類あるのをご存知でしょうか。 もっともポピュラーな受取り方法は年金または一時金です。さらに、年金と一時金、この両方を組み合わせることも可能 ...

no image
iDeCoの受取り時の税制上の大きなメリットとは?

iDeCoで長期間積立ててお金を受け取る時、税金がかかるか、それとも非課税になるか、どちらが正解だと思いますか? 最初に結論から言えば、当然ながら課税されることになります。長年に渡り、自分が頑張って積 ...

iDeCoならではの運用中の最大のメリットは?

2019年6月に老後の2000万円問題がクローズアップされるようになって以来、iDeCoの加入を検討する人が増えてきました。 その理由として、iDeCoには他の資産運用にはない大きなメリットが得られる ...

個人型確定拠出年金 iDeCoについて

ここ数年の間にiDeCoという言葉を頻繁に目に耳にするようになりました。 そもそもiDeCoとは、どのような制度のことを指しているのか、なんとなく知っている人もいれば、初めて聞く人もいることでしょう。 ...