買い物の仕方で上手に食費を節約するには?

買い物の仕方で上手に食費を節約するには?

2019/04/14

外食やコンビニ弁当を減らして手作りの料理で食費を節約しよう

毎日家事と子育てと仕事の両立でもうくたくた、せめて料理を作る手間を省きたい!と嘆く主婦も多いですよね。しかし、外食をするとお金がかかるし、スーパーやコンビニでお弁当を買って食べるのもなんだかむなしいですよね。

贅沢な食事をすると食費がかさんでしまうので、やはり毎日の食事は手作りするのが一番です。とはいっても「料理に自信がないし、子どもが好ききらないが多くて手作りしても食べてくれない、だから手作りするのは面倒」そんな悩みを抱える人もいます。

食事は1日3度、これがずっと続いていくわけですから面倒になるのも無理はありません。それなら手抜きをして料理をおいしく食べて、食費を節約できるように考えてみてはいかがでしょうか。食費の節約は主婦のちょっとした知恵から生まれ出てくるものです。
まずはスーパーやコンビニのお弁当やお総菜を買うのをやめること、子どものおやつもケーキやお菓子をできるだけ買わないことから始めてはいかがでしょうか。


食費を大幅に節約するならその都度買いよりもまとめ買いがオトク

食事は毎日のことですから、主婦にとっては頭が痛いですよね。しかし、買い物の仕方や調理法を工夫すれば大幅に食費を節約することもできます。
ふだん買い物をする時に少しずつ買う人もいれば、まとめ買いをする人もいますが、どちらが食費の節約に効果的だと思いますか?Z
買い物の内容にもよりますが、まとめ買いのほうが節約の効果は大きいですね。スーパーやコンビニでは、ポイントカードがありますので、これをうまく活用して買い物をするだけでも食費の節約につながります。

しかし、ただなんとなくまとめ買いをすれば食費の節約ができるというわけではありません。何でもまとめて買ってしまえば、余計なものまで買ってしまうので、かえてムダ使いになります。

近所に行きつけのスーパーがあれば特売日やポイントなど特典のある日をリサーチしておくと良いですね。スマホアプリのサービスが利用できるスーパーも増えてきたので、まずはアプリをチェックしてお得な情報をゲットしましょう。
近くにスーパーがない場合は、どのスーパーが安くて品数が多いか、サービスが良いか調べてみて行きつけのスーパーを決めておくことです。

ただし、ひとつ注意点を挙げておくと、野菜や魚などの生の食材をまとめ買いをすると食材としての鮮度が失われてしまうので注意が必要です。

-暮らしの節約術