スーパーの特売日の買い物の心得!余計なものは買わないこと

スーパーの特売日の買い物の心得!余計なものは買わないこと

2019/04/20

特売・ポイントなどスーパーの特典に惑わされないこと

月々の食費を節約しようと思い、スーパーの特売日のチラシをこまめにチェックする人もいます。主婦向けの雑誌を見ていると「主婦の賢い節約法」といった特集があり、「スーパーのチラシを見て底値で買う」「ポイント3倍デーにまとめて食材を買う」など、食費の節約の裏技について書かれていますね。

しかし、スーパーの特売日やポイント3倍デー、割引サービスの日になると、スーパーに多くの人が駆け込みます。「今買っておかないと損だ」と言わんばかりにものすごい勢いで買い物かごに商品をどんどん入れてしまう光景をよく見かけます。中にはスーパーの開店前から入口付近に列をなして待つ人もいます。

スーパーの特売日やポイント3倍デーになると、全体的に「買わなきゃ損」といったムードが漂います。最初はそれほど買うつもりではなかったのに周りの雰囲気に呑み込まれてしまい、気がついたら余計なものまで買ってしまうこともあります。

特売日やポイント3倍、割引などのサービスを上手に活用するのは良いことですが、それに惑わされてはかえって食費や生活費のムダ遣いになるので注意が必要です。


買い物をする前に買う必要があるものをメモしておくこと

スーパーの特売日になるとついあれもこれもと欲張って買ってしまう人は、そのようなクセを直していく必要があります。
そのための対策として、買い物に行く前に本当に必要なものだけをメモして書き留めておくことです。メモした以外のものは基本的に買わないように、自分でルールを決めましょう。
スーパーのチラシや広告で「本日の特売品」「本日限り4割引」といったフレーズについ惑わされるのが人間の心理です。スーパーの広告やチラシは、購買意欲がそそられますが、たとえ特売日や割引サービスの日でも、本当に必要なものだけを買うように強い意志が必要です。

台所用洗剤や洗濯用洗剤、トイレットペーバーなどは、食べ物ではないので消費期限はとくにありません。ほぼ毎日使うものですから、特売日に買いだめしておくのも節約になります。
しかし、野菜やお肉、お魚などの生鮮食品をまとめ買いすると食品としての鮮度が落ちてしまいます。生鮮食品をまとめ買いすることで、冷蔵庫や冷凍室に保管する場所も確保しなくてはなりません。
そのようなことをしっかり踏まえて買い物上手になることが、節約上手への近道なのです。

-暮らしの節約術