仕事をしたいのに夫が理解してくれない!どうすれば良いの?

仕事をしたいのに夫が理解してくれない!どうすれば良いの?

2019/04/09

妻が仕事をすることについて夫が反対する理由とは?

一昔前の時代とは違い、今では女性の社会進出が急速な勢いとなり、ワーキング・マザーが増えてきましたね。家事と子育てと仕事を両立させることは並大抵ではありませんが、仕事が自分の生きがいにもなるので、イキイキと働く姿は素晴らしいものです。
今や専業主婦より有職主婦のほうが多いにも関わらず、未だに妻が仕事をすることに反対する夫もいるというから驚きですね。

自分としては仕事をして少しでも収入を得ることで、家計を助けることができるし、社会参加することで良い勉強にもなるわけです。しかし、仕事をしたいと夫に伝えたその瞬間からダメ出しが出てくるのをどうやって説得すれば良いのか悩む人も意外に多いようです。

夫の立場から妻が仕事をすることについて反対する理由と根拠はどんなところにあるのでしょうか。一昔前の時代なら「妻は家庭を守り、子育てに専念すべきだ」という価値観が当たり前でした。
しかし、今どきの夫が反対する理由とホンネは、実は意外なところにあります。
「妻が仕事をすることで家事・育児を分担せざるを得なくなるのではないか。休日はのんびり過ごしたいのに」「妻が外に出て働くことで、職場で新しい人間関係の中で不倫でもされたらどうしよう」といった不安を抱える夫もいるようです。ここまで不安を抱くとは、ちょっとテレビドラマの見過ぎかもしれませんね。


子どもが小さいうちは在宅でできる仕事から始めてみては?

妻が外で働くことに反対する夫もいますが、どうしても理解が得られないのであれば、外で働くのではなく在宅で仕事をしてはいかがでしょうか。
在宅でのお仕事なら、妻が外で新しい人間関係を築くこともなく、子育てにもとくに影響が出ることはありません。

近い将来に外で働きたいと考えている場合でも、最初は在宅でお仕事をして、子育てがいったん落ち着いてきたら外で働くという選択肢もあります。
中には「妻が仕事を始めると家計収入が増える分、自分よりも妻の権力が強くなるのではないか」と考える夫もいるかもしれませんね。
しかし、そう考えるのは夫から妻への支配力が強いことを表わしているのかもしれませんね。
このようなタイプの夫を説得するには時間がかかるかもしれません。
そこで、仕事をする目的について気持ちを整理してはいかがでしょうか。
「自分のために働くのではなく生きがいがほしい」、「子どもの将来のためにも今働きたい」、「自分が働く姿を子どもに見せたい」、「働くことで社会に参加・貢献したい」など、いろんな理由があると思います。
自分が働きたいという意志を素直に伝えていけば、夫に理解してもえる日はそう遠くないはずです。

-主婦のお悩み解決